ショパンに親しむ その5

ショパンを取り巻く女性と曲をご紹介。

前回は初恋の人でしたが、今日はワルシャワを

離れた頃に知りあったといわれる

デルフィナ・ポトツカ夫人。

社交界で名を馳せていた歌手デルフィナとの

交流(お友だち?恋人?)は生涯続いたそうで、

危篤状態のショパンの要望に応え枕元で歌ったんだとか。

彼女にはワルツ変ニ長調 作品64-1

「小犬のワルツ」を捧げています。

 

幼い頃の牛田智大くんの演奏でどうぞ
 
追記
ロマン派の作曲家ショパンですが、ショパン自身は
曲に一切タイトルを付けていません。私達が馴染み
としている「小犬のワルツ」も後につけられたんですね。
{B53AF332-3988-4FA1-840C-2A31058B70EE}
 

================

Line@にご登録頂くと

キャンペーンのお知らせなどお得情報を

お届けします。

友だち追加  

ラベイユ音楽教室のホームページです。
教室案内講師紹介レッスン料金 
================
ラベイユ音楽教室の
生徒募集は現在行っておりません。
9月末から生徒募集を再開予定です。
ホームページ&ブログにてお知らせしますので
それまでしばらくお待ち下さい。

メールでのお問い合せは、ポストこちらへ
電話でのお問い合せは、電話こちらへ
==============

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ →ポチッと押してね!
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ エレクトーンへ →ポチッと押してね!
にほんブログ村

 

 

コメントを残す